いくらなんでもブログ4つは無理がある? それでも続ける4つの理由

2018年7月14日

たいした特技もノウハウも経験も、何も持たずに始めた4つめのブログ。
気が付けば、立ち上げてから半年が過ぎました。

大方の予想通り? あんまり人は来ないし、手入れも行き届いていません。

「独自ドメイン代がもったいないし、さっさと閉めたら?」
と、私の中の経理担当がささやきます。

「こんなところの記事を書くヒマがあるなら、他の集客が見込めるブログで書いてくださいよ~!」
と、私の中の営業担当の悲鳴が聞こえてきます。

それでもこのブログ、やめませんし、こうやってときどきは書きますよ。
続けたいし、続けたほうがいい、4つの理由があります。

  1. 私のメインブログだけでは、目標に届かない可能性が高いから
  2. せっかく育てた独自ドメイン、将来きっと何かに使えるから
  3. 最新最先端のテーマ、ルクセリタスに触れていたいから
  4. 何だかんだ言いながら、それなりに思い入れがあるから

1.私のメインブログだけでは、目標に届かない可能性が高いから

私は、ブログで収益を上げるのが目標です。
月に20万円というのが、今考えている最終目標です。
(小さい夢に見えますか? 大変なんですよ~!)

色々な知識を得て、そんなに簡単ではないけれど、まったく不可能だとも思っていません。

ただし、今私がメインとしている社労士ブログだけでは不可能です。

社労士人口が約4万人、社労士受験生も約4万人です。
もちろん潜在需要もありますし、社労士だけに特化するつもりはありません。

労務や年金など、広く読者を集める方向も考えます。
社労士だけでなく、個人事業主、フリーランス向けの記事も書きます。
ブログ運営やノウハウも書きますよ。

でもあんまりやりすぎると、社労士ブログの専門性が失われます。
バランスを考えれば、社労士ブログだけで目標を達成することは難しいのです。

記事の範囲を広げていって、可能性のある方向が見つかれば、別ブログにすることだって考えられます。
いずれブログの限界が見えてきたら、他のブログに注力しなければなりません。

将来的には結局、複数運営が必要になる可能性が高いのです。
収益を考えない、ダラダラ書くブログが欲しくなるかもしれませんしね。

2.せっかく育てた独自ドメイン、将来きっと何かに使えるから

複数運営が必要になるなら、ドメインもいくつかあった方が便利です。
サブドメインやサブディレクトリで、マルチサイト化すればいいだけかもしれませんが。

そういった判断がつきませんから、この独自ドメインも大事に持っておきますよ。
このブログだって「あんまり」人は来ないけど、少しは検索流入もありますからね。

「荒地」かもしれませんが、陸の孤島ではありませんよw。

3.最新最先端のワードプレステーマ、ルクセリタスに触れていたいから

私はこのブログ以外では、「Gush2」という古いワードプレスのテーマを、独自にカスタマイズして使っています。

古いテーマですから、アップデートによる不具合もありません。
小さく軽いテーマですから、隅から隅まで読むことができます。
意味の分からない、ブラックボックスがあまり好きではない私は、とても気に入っています。

それでも古いテーマですから、最新技術には対応できていないという欠点があります。
それを補完するためにも、ルクセリタスに触れていたいのです。

でも難しくって。
何でこんなことができるんだろう?、ってところがたくさんあります。
コードを読み解こうと思っても、複雑すぎて全然理解できていませんけどね。

4.何だかんだ言いながら、それなりに思い入れがあるから

とってもお手軽に、短い時間で書き上げたこのブログ、変な記事も多いです。
今日もまた、「この記事何を書いたっけ?」と読み返して、恥ずかしい誤字を2つ見つけました。

何度か「全部消してしまって、一から書き直そう」と思ったこともありました。
それでも文章は稚拙でも、誤字があっても、思い入れのある記事もあります。
消してしまうのはもったいない。

消さないのなら公開しておこう、と思っている次第です。

記事が公開さえされていれば、検索に引っかかる可能性があります。
消してしまえば、その可能性がゼロになります。

質の低い記事や、方向性の違う記事はサイト全体の評価を下げる可能性も確かにあります。
そうでないならば、公開しておきますよ。

私がブログを始めてから書いた記事は、全部合わせてもまだ400記事ほど。
公開する記事を選べるような立場ではありません。

スポンサーリンク