誰が作っても同じ? みんなが真似する? 盛り上がることはいいことだ

2018年2月27日

最近、稼ぐためのブログ作りのトレンドが、特化型ブログから雑記ブログに移りつつあるそうです。

一時は、まとめサイトやトレンドブログ(流行りを追いかけるブログ)を中心に回っていました。
そんなブログ界が、激しすぎる更新頻度に疲れ果て、一度作れば長く稼げる、資産型ブログとも呼ばれる特化型ブログへ移行したのはまだ1年くらい前だったような気がします。

でも、また雑記ブログですか?
特化型ブログ、そんなにダメなんですか?

特化型ブログの問題点。誰が作っても同じになる? 本当にそうですか?

何かの専門知識の解説サイト。
普通にまとめると、書くべき内容は決まってくる。
結局、特化型ブログは誰が作っても同じものになる。

って、本当にそうですか?

例えばクレジットカードの比較サイト。

世にあるクレジットカードを分類して、特徴を整理する。
そりゃあ、同じサイトになりますね。
そんな情報が、必要とされているのは分かります。
私も、利用させてもらいました。

でもそんなサイトって、資金力のある企業が参入しているし、個人では勝負にならないですよね。
本気で挑むのなら、フレームだけ作って、ライター外注するしかないでしょう。

みんなが真似して特定の情報があふれるならば、それもいいことだと思うのです

そのような経過をたどってか、クレジットカードの比較サイトは今、たくさんあります。
確かにどれも似たり寄ったりです。

今さら、クレジットカードの比較サイトに参入するのは、本当に無理なのでしょうか?

クレジットカードの比較サイトを運営している人だって、すべてのカードを使い込んでいるわけはないはずです。
実際に、使っている人にしか書けない記事が、たくさんあります。

  • ○○カードが意外に使える、こんなお店でこんなサービスが!
  • 実際手にするまでに○週間。電話応対が確かだからここはガマン
  • このカードを申し込んだから?セールスのメールが倍増で嫌になる

私はそんな記事も読みたいのです。

確かに読んでくれる人は少ないかもしれませんが、個人が作る特化型ブログ、まだまだ需要があると思いますけどね。

スポンサーリンク