(具体例1)実際開設した資格ガイドのサイト。その問題点と将来性は

2018年2月24日

特化型ブログを作って稼ごう!
と考えて、資格試験の解説サイトを実際に作りました。

私の3つ目のブログです。

受験の決意から実際に資格を取るところも書きたかったので、資格をもっていない内に立ち上げました。
「勉強方法から合格~資格の活用までを解説!」な~んて謳っていますが、書いている本人がその資格を持っていないというだらしなさ。

今は無事試験を終えて、合格発表を待っている段階ですから、今しばらくは勘弁してくださいね。

資格試験サイトの光と影

「光と影」なんてカッコつけましたが、メリットとデメリットです。
やっぱり、やってみないと分からないことがたくさんあります。

資格試験サイトのメリット・・・かな?

マイナーな資格を狙ったおかげで、早い段階から検索流入はありました。
10記事から20記事ほどを、一気読みしてもらえます。
(適当な記事も多くて、恐縮しています。)

少ないととはいえ、資格講座の広告が表示されればクリックもされるみたいで、まずは狙い通りです。

資格試験サイトのデメリット・・・ですね

試験前にはそれなりにアクセスのあったこのサイト、試験が終わった翌日から閑古鳥が鳴いています。
まあ、1か月勉強すれば7割が合格するという簡単な資格試験ですから仕方ありませんか。
試験が年に3回あるのが、救いと言えば救いです。

次のピークまでに、少しはマシな記事に更新しなくては・・・。

あとはマイナーな資格だから、受験講座の広告自体が少ないです。
みんな1回で受かるから、リピーターも見込めません。

もう少し難しい資格なら、もう少し上を目指せるかも?

それはそれでしんどいので、今のブログをちゃんとしてから考えましょうか・・・。

スポンサーリンク