狭い隙間なら検索1位は簡単。でも何人がそれを読む?

2018年2月22日

最近になって気付いたことです(知っている人なら当たり前?)。

それは、Googleさんの検索システムのすばらしさ。
マイナーなキーワードなら、検索上位は簡単です。

このマイナーなブログですら、「4番その他」で検索すれば、堂々の1位です。
(だれがそんなワードで検索するんだ?って話は置いといて・・・。)

特化型ブログも同じこと。ライバルの少ない世界なら検索1位だって狙えます

資格試験を取って、その勉強方法から資格の活用までをサイトにしようと思いついた私にとって、何の資格を狙うかという大問題です。

私のメインブログは、私の持っている国家資格を生かしたサイトなのですが、この資格というのがなかなかの人気者。
単独の資格名だけで検索したのでは、全くたどり着けません。
いくつかの複合ワードでなら検索上位にきますので、それなりの集客はあるのですが、人気資格はそれなりにハードルが高いのです。

マイナーな資格を狙おうか。
でも、何人が来るのだろうか。

結局、やってみるしかなさそうです。

WordPressテーマのカスタマイズサイトでも同じこと。マイナーなテーマでは何ともならない

私は、「Gush2」というWordPressテーマをカスタマイズして使っています(お世話になってます!)。
正確には、ここ以外の3つのブログがそうでした(最近そのひとつをここと同じ、ルクセリタスにしましたが)。

このGush2、リリースされたのがもう4年前です。
すでに「5」が1年半前にリリースされていますので、すでに時代遅れなのでしょうか。
ダウンロードサイトに行ってみると、ダウンロード数が15,000となっています。
私で言えば、もう20個近くのテーマはダウンロードして試していますが、そのうち使っているもは2個だけ。
しかも古いテーマであることを考えれば、今もGush2を使っている方は100人にも満たないかもしれません(←適当です)。

この100人全員が、月に2,3回訪れてくれるサイトを作れば、年間3,000pv達成です!

・・・止めておきます。

じゃあ、「ルクセリタス」のカスタマイズサイトでも始めますか?ってとんでもない!
何をおそろしいことを言ってるんですか!

この話の続きも書くかもしれません。

スポンサーリンク